幼児資格では、幼児食に関する知識に加え、実践力や指導力も身に着けることができます。そのため、自分の子どものためにはもちろん、同じ悩みを抱えているママ友達なども得た知識から情報を分かつことができます。また幼児食資格では、学んだ知識をどのように整理し、どのように実践で活用することができるか、だれかから相談されたらどのように指導することができるかなども学ぶことができます。

 

料理の知識がない方や栄養学の知識がない方でも、幼児食資格は取得することができます。また通信講座で幼児食資格を学ぶなら、添削指導や専属のサポーターが個別にサポートしてくれるので心強く、安心して資格取得に向けて頑張ることができるでしょう。幼児食資格取得後は、さまざまな場での活躍の幅が広がります。その例を具体的にみてみましょう。

 

幼児食資格を生かすことができる職場や現場とは?

幼児食資格は履歴書にも記入することができる民間資格です。修了課題に合格するなら資格を取得したことになりますので、履歴書の資格欄に記入することができます。そのため、幼児食資格を生かすことができる職場や現場では、資格を持っていない人よりも面接試験が有利となります。ではどのようなところで資格を生かして働くことができるでしょうか?

 

保育所のや幼稚園の先生、調理師や栄養士など保育の現場に関わっている方はスキルアップとして役立ちます。またママの立場で取得した方は、多くの子どもたちに正しい食習慣を伝えるために自宅で講師として開業することができます。また幼児食に関わる仕事や、幼児食のプロとして活動の幅を広げていくことができるでしょう。

 

幼児食資格には種類がある!

幼児食資格にはいくつかの種類があります。「幼児食マイスター」と「ベビーフードインストラクター」という資格です。幼児食マイスターでは、幼児食に関する知識や子どもの身体の作り、脳や細胞の成長に合わせた食事、骨や筋肉を丈夫にする食事など幅広い範囲の知識をとりいれることができます。

 

また子どもが手掴みでたべることを克服する方法などしつけ面も学ぶことができます。一方ベビーインストラクターは、子どもの成長に合わせた食事に関しての知識や、春夏秋冬の献立、さまざまな行事の献立を考え、作ることができるようになります。資格取得後は、カルチャースクールなどで講師として活躍することができる資格です。これら2つの資格をWで取得することが可能となっており、「幼児食」のプロとして活動することができます。

 

まとめ

すでに保育所のや幼稚園の先生、調理師や栄養士など保育の現場に関わっている方はスキルアップとして役立つ資格です。

 

また料理の知識がない方や栄養学の知識がない方でも幼児食資格取得後は、「幼児食」のプロとして自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍の幅を広げることができます。

関連ページ

幼児食資格を取るには
どの家庭でも子どもに安全な食生活を与えたいと願っています。そこで基礎から幼児食を学ぶことができます。幼児食では、幼児に必要な栄養や、成長段階で必要とする栄養素、理想的な食事、調理方法、季節ごとの料理レシピなどを学ぶことができ、資格も取得することができます。
幼児の成長に欠かせない栄養素と食材
免疫力を高める働きもあるので、風邪など外からのウイルスや菌などから守る役割もあります。もし鉄が不足するなら、貧血や筋力の低下、発育遅れや疲れやすい体質などの影響がでてきます。
育児の手間を減らして健康的な食事を作るコツ
できるなら1週間程度のメニューを決めると効率がよいでしょう。メニューが決まれば必要な材料も必然と決まります。そして、毎日買い物へ出かけるのではなく、週に1回、多くても2回程度で済ませることができるようにあらかじめ計画をすることができるでしょう。
食育資格を取るには
食育資格は、一般財団法人などが認定している民間資格です。国家試験ではありませんが、しっかり知識を取り入れた人に与えられる資格なので、資格取得後はとても役に立つ価値のある資格です。食育資格には以下の種類があります。