幼児食資格とは?

どの家庭でも子どもに安全な食生活を与えたいと願っています。そこで基礎から幼児食を学ぶことができます。幼児食では、幼児に必要な栄養や、成長段階で必要とする栄養素、理想的な食事、調理方法、季節ごとの料理レシピなどを学ぶことができ、資格も取得することができます。

 

幼児食資格にはJSFAC(日本安全食料料理協会)が主催している「幼児食マイスター」と、JIA(日本インストラクター技術協会)が主催している「ベビーフードインストラクター」という2種類の資格があります。ではどのように取得することができるでしょうか?

 

「幼児食マイスター」資格を取るには?

幼児食マイスター資格は、子どもの成長に合わせて栄養バランスのとれたメニューを立てることや作ること、離乳食から幼児食へと変える時期、幼児食に向いている食材・不向きな食材、調理方法などの知識を得た人に対しての資格です。これらは独学でも学ぶことができますが、多くの方が通信講座を受講して、奥深く学ぶことができています。

 

通信講座は最短2ヵ月コース、一般コースは6ヵ月で過程を終え、その後受験することができます。2か月に1度、偶数月に試験を実施しており、税込み10,000円で受験することができます。インターネットで試験の申し込み申し込みを受け付けています。在宅受験で、決められた期日までに解答用紙を提出することで受験することができます。

 

「ベビーフードインストラクター」を取るには?

子どもの成長に合わせた食事の知識を理解した人に与えられるベビーフードインストラクター資格は、春夏秋冬の献立や幼児におススメの食材を使用した献立、さまざまな年中行事に合わせた食事を作ることを学ぶことができます。幼児食マイスター資格同様、通信講座で学ぶことができます。

 

通信講座は最短2ヵ月コース、一般コースは6ヵ月で過程を終え、その後試験を受けることができます。2か月に1度、偶数月に試験を実施しており、受験料は税込み10,000円で、インターネットで申し込みをすることができます。在宅受験で、決められた期日までに解答用紙を提出するという方法で試験を受けることができます。

 

まとめ

幼児食資格である「幼児食マイスター」と「ベビーフードインストラクター」は、通信講座を受講して、必要な知識を学ぶことができます。

 

自分の生活スタイルに合わせ、最短2ヵ月コースか一般の6ヵ月コースのどちらを選ぶことができるでしょう。受講後は、2か月に1度行われている試験を受け、合格するなら資格を取得することができます。

関連ページ

幼児食資格が生かせる職場や現場
幼児資格では、幼児食に関する知識に加え、実践力や指導力も身に着けることができます。そのため、自分の子どものためにはもちろん、同じ悩みを抱えているママ友達なども得た知識から情報を分かつことができます。
幼児の成長に欠かせない栄養素と食材
免疫力を高める働きもあるので、風邪など外からのウイルスや菌などから守る役割もあります。もし鉄が不足するなら、貧血や筋力の低下、発育遅れや疲れやすい体質などの影響がでてきます。
育児の手間を減らして健康的な食事を作るコツ
できるなら1週間程度のメニューを決めると効率がよいでしょう。メニューが決まれば必要な材料も必然と決まります。そして、毎日買い物へ出かけるのではなく、週に1回、多くても2回程度で済ませることができるようにあらかじめ計画をすることができるでしょう。
食育資格を取るには
食育資格は、一般財団法人などが認定している民間資格です。国家試験ではありませんが、しっかり知識を取り入れた人に与えられる資格なので、資格取得後はとても役に立つ価値のある資格です。食育資格には以下の種類があります。