双子の食事タイムは大変!!

子育てはただでさえ大変なのに、それが倍になればその大変さや忙しさも倍増します。多くの育児書は、あくまでも単体ママさんを対象として書いているので、育児書通りに物事を進めることができなくても問題ありません。

 

双子に食事を与えるときは、プラスチック制のエプロンを付けると便利です。布製のエプロンだと汚すたびに何枚も洗い替えが必要となりますが、プラスチック製なら水で簡単に汚れを落とすことができるので食べこぼしにイライラすることを避けることができます。

 

双子の離乳食作りのポイントとは?

離乳食は可能なら手作りをすることが理想的ですが、時には市販の離乳食を利用することもできるかもしれません。最近販売されている市販の離乳食は、安全でおいしく、しかも安価で手にすることができるのでおススメです。しかし、全部市販で済ませるのはチョット抵抗がある・・というママもいることでしょう。

 

そんな方は、おかゆやスープ、パンがゆなどを自分で手作りし、ニンジンやかぼちゃ、ほうれん草などの野菜のペーストを市販のもので代用することができるかもしれません。野菜をペースト状に作るのは手間がかかるので、市販のものを使用したり、時間のある時にフードプロセッサーなどでまとめて作り置きをすることもできるでしょう。

 

双子にどのように食事をさせることができる?

双子に離乳食を食べさせる方法として、ひとりひとり個別に食べさせる方法と、二人を一度に食べさせるという二通りの与え方があります。個別に与えるのは時間を多く必要とします。なので、効率よく食事タイムを済ませるためには、二人同時に与えることができるでしょう。二人を並べて交互に与えることができるでしょう。

 

その後、自分の手でつかんで手づかみができるようになったら、最初は汚れて大変ですが手づかみで食べさせる練習をすることができるかもしれません。プラスチック製のエプロンをさせ、床には新聞紙などを引いて汚れを抑える対策を打つことができるでしょう。手づかみが上達する頃には、一人で食べることができるように成長することができるでしょう。

 

まとめ

双子の食事タイムは忙しく大変な大仕事です。ただでさえ食事を双子に与えるのは大変な仕事ですが、食事も作らなければいけません。そこで市販の離乳食を利用することができます。

 

すべてを市販のもので済ませるのではなく、食事の一部、たとえば野菜ペーストなどだけを摂りいれることができるかもしれません。また時間があるときに、ペースト状にし、まとめて作り置きをしておくこともできるでしょう。

関連ページ

幼児と乳児の違い
乳児とは、児童福祉法の定義では”生後から1歳未満”であると定義されています。つまり、0歳からの1年間が乳児期になります。乳児は主に母乳やミルクで育ち、生後5ヵ月〜6ヵ月ごろから離乳食になります。しかし、母乳が終わるのは約2歳程度までなので、母乳と離乳食の両方をとる時期とも言えるでしょう。
幼児食に求められている栄養素
幼児期、つまり1歳から6歳までの時期は、乳児期に次ぎ、最も身体の成長が著しいので、食生活が一番大切な時期です。一般的に2歳から5歳の時期は、体重が約2倍、身長は約1.5倍まで成長します。
過剰摂取に注意すべき食材
亜鉛は成長障害や味覚障害を引き起こすとも言われています。このような問題を引き起こさないためにも、特に幼児期にはレバーや貝類などのミネラル類の与えすぎには気を付け、適度な量を与えるようにしましょう。
安全でおいしい作り置き料理の情報まとめ
忙しくて料理をする時間がない・・というときに、料理を作り置きしておくととても便利です。しかし、暑くなってくると食中毒のニュースなども聞き、安全性に不安を感じる方もいることでしょう。
子どもが大好きな栄養食材まとめ
身長を伸ばすためには牛乳!と今子育てをしている親世代の方は教え込まれてきたことでしょう。実は、牛乳だけ飲んでも背は伸びることはありません。もちろん牛乳には多くのカルシウムが含まれています。
子どもの食事スピードを改善できる料理
子どもの食事のスピードが遅いのには、理由があります。それには、体調が悪いことやお腹が空いていないことがあります。それに加え、食事が原因となっている場合があります。
双子のお弁当作りのポイント
双子が保育園や幼稚園でのお昼時間が楽しみになるように、まず双子が好きな喜ぶキャラクターのお弁当箱、お弁当袋を用意してあげることができます。キャラクターデザインのお弁当箱は、子どもサイズのものが多く、子どもがあけやすいようにデザインされているのでおススメです。
喧嘩にならないハンバーグの作り方
レストランで食べるような肉汁がジュワーっと出てくるハンバーグはどのように作ることができるのでしょうか?コツさえ覚えてしまえば、自宅でも簡単に作れることができます。
消化吸収を良くする料理方法
風邪などで体が弱っているときや、胃腸が弱っているときなどは誰でも消化に良い食べ物を食べたい!と思うはずです。消化が良い料理を与えるなら、体に栄養が吸収されやすいので、消化したものをすぐに栄養やエネルギー不足として働くことができます。
好みが違う双子向けのお料理レシピ
双子は顔や体格だけでなく、そのしぐさや好みまで似ていたり、そっくりというイメージがあります。しかし、双子の中には、味覚が全くことなる双子もいるようです。味覚は幼児食に何を食べたかによって左右されますが、もともと生まれつきの味覚にも左右されるようです。
スパイスを駆使した幼児食
幼児期に食べるもので将来の味覚が変わる、とも言われるほど幼児食は成長段階でとても重要な過程です。幼児食は、さまざまな食材そのものの味や美味しさを知ることが大切な時期なので、味は基本的に薄味となっています。
幼児食で注意すべき添加物や着色料
塩味の濃い食べ物やスパイシーな食べ物、添加物が多く使用されている加工食品などを与えてしまうとその味に慣れてしまい、薄味の料理では物足りなくなってしまい食べなくなってしまう可能性が高くなります。
与えないほうがよいおやつとスナック
おやつを過剰に食べすぎるならどのような悪影響が及ぶのでしょうか?それには虫歯や肥満になること、成長し必要な栄養素が不足してしまうこと、元気・体力がなくなること、糖尿病になる可能性が強くなってしまうことなどを引き起こす可能性があります。
食育で正しい食生活を身につけよう
食育とは、幼児の頃から体に良い食べ物を選ぶことと、食の大切さ、また正しい食生活習慣を身に着ける教育のことです。そのおかげで自分で自分の健康を守り、健全な食生活を身に着けることができます。
大幅に食費を節約できる裏技
ムダな買い物をしないことは大幅な食費の節約になります。安売りに飛びついて買い物をしてしまうと、必ず余計なものを買ってしまい、食材が余ってしまう・・というムダなことをしてしまいます。
良質な食材を安く購入するには直売所を生かそう
生産者側にとっては、責任が増し、自分の売れ行きや評判などが大きく影響してくるので、よりよい野菜を作るためのモチベーションアップにつながることでしょう。
野菜や肉を長期保存するためのポイント
野菜を冷凍保存することにより、うまみ成分や栄養素がアップする野菜もあります。冷凍してしまうので、生のままよりも長期保存することが可能ですし、下処理を前もってしておくなら料理の時間短縮させることができるのでとても便利です。
子どもに魚を食べてもらうためのママの知恵
魚にしか含まれない栄養素DHAとEPAは、人間の体内では生成することができない栄養素なので子どもにも食べてほしいものです。しかし、多くの子どもは魚には骨があるため苦手とする傾向があります。
DHAとEPAをしっかり摂取できる食材
EPAもDHA同様、お魚に含まれている栄養素で熱に弱い性質をもっているため、生の魚から摂取すると効果的です。EPAを魚介類の中で一番多く含有しているのはマイワシです。マイワシにはカルシウムやビタミンDなどの栄養素も含まれているので健康維持におススメの食材です。
幼児が食事にかかる平均時間
大人は1日3回の食事という習慣が身についていますが、幼児はまだそのリズムが身についていません。そのため、おなかがすいたときに食べたい!と考え、今はお腹が空いていないけどあとでお腹が空くから今のうちに食べよう、などの考えやお腹をコントロールはすることができません。
怪我をさせないためにおすすめな安全フォークとスプーン
フォークとスプーンは子どもの口に入れるものですから素材選びも大切です。いろいろな素材のものが販売されていますが、何を選んだら良いのでしょうか?シリコンやプラスチック(ポリプロピレン)、または木製素材のものがおススメです。シリコンは、柔らかいので子どもの口に入っても口当たりが良いので怪我の心配がありません。
子どもがよく食べてくれる食材と調理法
男女ともに子どもの好きな食材第1位を獲得したのは「トマト」です。トマト独特の甘味が果物のようなことが人気の理由です。トマトをそのままサラダとして食べたり、ジュースとして飲むなら、独特の甘さを楽しむことができるでしょう。
幼児食資格をとるのに必要な時間と費用
幼児期、つまり成長期である子どもは、お母さんが用意した食事を元に身体が作られていくため、幼児食にはとても重要な役割があります、それには目に見える体の成長をはじめとし、脳、骨、歯などの発達が食事に左右されます。
お弁当作りにも生かせるキャラ弁スキル
キャラ弁に欠かせない海苔はどのように切ることができるでしょうか?袋から出したばかりの海苔は割れてしまい切りにくいので、使う少し前に出しておきます。ハサミは小さくて刃の薄い物が切りやすいでし。切ったあとはしわしわにならないように、ラップに包み、冷蔵庫で保存しましょう。そして冷めたおかずの上に貼ることがキレイにみせることができるコツです。