コラム一覧記事一覧

幼児とは?幼児とは、児童福祉法上の定義では”満1歳から小学校前の未就学児”であると定義されています。幼児期間は長く、年齢ごとに成長がみられる時期でもあります。乳児期から幼児期にはいる1歳から2歳にかけては、自分で歩くことができるようになったり、話せるようになるなど脳の発達が著しい時期でもあります。その後、反抗期を迎え、自己中心的で自我意識が芽生えてきます。保育園や幼稚園に入園すると、集団生活で社会...

幼児期の食事はとても重要!幼児期、つまり1歳から6歳までの時期は、乳児期に次ぎ、最も身体の成長が著しいので、食生活が一番大切な時期です。一般的に2歳から5歳の時期は、体重が約2倍、身長は約1.5倍まで成長します。子どもの成長は6歳までの食事で決まると言われているほど、この時期にどのような食事を与えるかで子どもの将来の食生活が決まってしまうため、幼児食はとても重要なのです。幼児食は、幼児のためだけに...

「ミネラル」の過剰摂取は逆効果に・・・ミネラルは、貧血や疲労の回復、骨や歯の形成、脳や知能の発達に欠かすことができない栄養素です。しかしそれを過剰摂取してしまうと逆効果になってしまいます。特にミネラルのリンの摂り過ぎは、骨の形成に影響を与え、骨を弱くしてしまいます。また海藻からミネラルを過剰摂取することにより、甲状腺機能を低下させます。さらに亜鉛は成長障害や味覚障害を引き起こすとも言われています。...

双子の食事タイムは大変!!子育てはただでさえ大変なのに、それが倍になればその大変さや忙しさも倍増します。多くの育児書は、あくまでも単体ママさんを対象として書いているので、育児書通りに物事を進めることができなくても問題ありません。双子に食事を与えるときは、プラスチック制のエプロンを付けると便利です。布製のエプロンだと汚すたびに何枚も洗い替えが必要となりますが、プラスチック製なら水で簡単に汚れを落とす...

作り置きした料理を安全に食べるために!忙しくて料理をする時間がない・・というときに、料理を作り置きしておくととても便利です。しかし、暑くなってくると食中毒のニュースなども聞き、安全性に不安を感じる方もいることでしょう。作り置きした料理を安全か、それとも腐っているのか・・をどのように判断することができるのでしょうか?実は、作り置きした料理を保存する際に、あるポイントさえ注意すれば、安全に食べることが...

子どもが大好きな身長を伸ばせる食材とは?子どもの多くは、大きくなりたい!身長を伸ばしたい!という目標をもって食事をとっていることでしょう。身長を伸ばすためには、骨を伸ばすことが大切です。骨を伸ばすためには、骨を伸ばすことができる細胞を育てるために”たんぱく質”を摂取することができます。たんぱく質と聞くと、お肉!というイメージを持ちますが、お肉やお魚、乳製品、卵などに含まれているのは”動物性たんぱく...

子どもの食事のスピードを遅くする要因とは?子どもの食事のスピードが遅いのには、理由があります。それには、体調が悪いことやお腹が空いていないことがあります。それに加え、食事が原因となっている場合があります。それは固くて食べにくい食材がある、嫌いな食べ物がある、食べにくい、量が多いなどを原因に食べるスピードが遅くなり、しまいには食べたくない・・と言いだします。また長く座っていることに耐えることができな...

まずはお弁当グッズを調達しよう!双子が保育園や幼稚園でのお昼時間が楽しみになるように、まず双子が好きな喜ぶキャラクターのお弁当箱、お弁当袋を用意してあげることができます。キャラクターデザインのお弁当箱は、子どもサイズのものが多く、子どもがあけやすいようにデザインされているのでおススメです。またお弁当袋は、両手に持ち手があるなら使いやすいでしょう。またお弁当袋に入れるものは結構多いので、若干大きめの...

喧嘩にならないハンバーグの基本的な作り方レストランで食べるような肉汁がジュワーっと出てくるハンバーグはどのように作ることができるのでしょうか?コツさえ覚えてしまえば、自宅でも簡単に作れることができます。まず焼く前のタネにひと手間、工夫をプラスすることができます。まずハンバーグのタネづくりの際に、しっかりこねることです。生地に粘りがでるまでを目安とし、ひき肉同士が密着すれば肉汁を中に包み込みことがで...

子どもに与えたい消化吸収が良い食事風邪などで体が弱っているときや、胃腸が弱っているときなどは誰でも消化に良い食べ物を食べたい!と思うはずです。消化が良い料理を与えるなら、体に栄養が吸収されやすいので、消化したものをすぐに栄養やエネルギー不足として働くことができます。では子どもにはどのような消化吸収がよい食事を作ってあげることができるでしょうか?消化吸収をよくするために工夫できることとは??固い食べ...

双子でも料理の好みが違うこともある・・!!双子は顔や体格だけでなく、そのしぐさや好みまで似ていたり、そっくりというイメージがあります。しかし、双子の中には、味覚が全くことなる双子もいるようです。味覚は幼児食に何を食べたかによって左右されますが、もともと生まれつきの味覚にも左右されるようです。そのため、もし好みの違う双子を育てているママさんは、異なる料理を作らなければならないので、手間と時間がさらに...

幼児食の味付けの基本とは?幼児期に食べるもので将来の味覚が変わる、とも言われるほど幼児食は成長段階でとても重要な過程です。幼児食は、さまざまな食材そのものの味や美味しさを知ることが大切な時期なので、味は基本的に薄味となっています。そのため、わさびやからしなどの辛いスパイスを使用することはNGとなっています。しかし、あまり辛くないハーブは使用することができます。スパイスのあるハーブの代表としてセージ...

幼児食は味覚を育てる大切な時期味が濃い食べ物は、子どもも大人と同様、食が進みます。しかし、幼児期と言われている1歳から6歳までの幼児食は、味覚を育てるという大切な時役割があります。そのため、塩味の濃い食べ物やスパイシーな食べ物、添加物が多く使用されている加工食品などを与えてしまうとその味に慣れてしまい、薄味の料理では物足りなくなってしまい食べなくなってしまう可能性が高くなります。では具体的にどのよ...

子どもに与えないほうがよいおやつやスナックとは?子どもは食事よりもお菓子を食べたがります。お菓子、つまりおやつやスナックであるチョコレート、グミ、ケーキ、シュークリーム、キャラメル、キャンディーなどは砂糖がたっぷり使用されているので、子どもには悪影響を及ぼします。ですから、おやつを子どもに与えるときには原材料をチェックするようにしましょう。たとえば「チョコレート」の場合、原材料を確認してみると”砂...

食育の基本とは?食育とは、幼児の頃から体に良い食べ物を選ぶことと、食の大切さ、また正しい食生活習慣を身に着ける教育のことです。そのおかげで自分で自分の健康を守り、健全な食生活を身に着けることができます。それにはどのような食べ物を選択すべきか、料理方法、食べ物の味覚が分かる力など元気な体が食べ物から作られるていることを感じることができるようになります。子どもの頃から食育を受けることにより、食に関して...

買い物に出かける前に冷蔵庫をチェック!!ムダな買い物をしないことは大幅な食費の節約になります。安売りに飛びついて買い物をしてしまうと、必ず余計なものを買ってしまい、食材が余ってしまう・・というムダなことをしてしまいます。そのようなことを避けるためにも、スーパーに出かける前には必ず冷蔵庫の中身をチェックし、どのような食材があるかを把握してから出かけるようにしましょう。また無駄な食材を出さないため、保...

直売所の食材は新鮮!農産物直売所は、その名前の通り「直売」、つまり販売をしている場所です。そのため、食材をとってから移動距離も少なく、すぐ販売されていますので、かなり新鮮な野菜が並んでいます。朝採れした野菜がそのまま1〜2時間後には並んでいるので、新鮮でおいしく、なおかつ栄養効果も高いので良質な食材と言えるでしょう。そして多くの直売所では、生産者の顔が写真などで見えるようになっています。生産者の名...

野菜を冷凍保存するとどうなる?野菜を冷凍保存することにより、うまみ成分や栄養素がアップする野菜もあります。冷凍してしまうので、生のままよりも長期保存することが可能ですし、下処理を前もってしておくなら料理の時間短縮させることができるのでとても便利です。冷凍する際には、栄養成分が損なわれないようにマイナス18度以下で保存しておくなら、栄養価が高い状態でおいしく賞味することができます。野菜を冷凍するポイ...

骨の少ない部位を選んであげよう!魚にしか含まれない栄養素DHAとEPAは、人間の体内では生成することができない栄養素なので子どもにも食べてほしいものです。しかし、多くの子どもは魚には骨があるため苦手とする傾向があります。そこでママは子どもが喜んで魚を食べるように工夫する必要があります。魚には骨がありますので心配なので、最初は骨や皮がないお刺身を調理してあげることができます。その後、三枚おろしにした...

「DHA」「EPA」とは?「DHA」つまり「ドコサヘキサエン酸」とは、青魚の脂分に含まれている栄養素のことで、人間の体内では生成することができません。必ず摂取しなければならない必須脂肪酸のひとつとなっています。一方「EPA」つまり「エイコサペンタエン酸」とは、青魚などに含まれている栄養素のことで、この栄養素も人間の体内で生成できず、必ず摂取しなければならない必須脂肪酸のひとつとなっています。DHA...

子どもの食事は時間がかかる?!大人は1日3回の食事という習慣が身についていますが、幼児はまだそのリズムが身についていません。そのため、おなかがすいたときに食べたい!と考え、今はお腹が空いていないけどあとでお腹が空くから今のうちに食べよう、などの考えやお腹をコントロールはすることができません。つまり、お腹が空いていれば食べるので、おなかが空いていない時にご飯をあげても食は進まず・・ただ時間だけが過ぎ...

安心・安全なフォークとスプーンの選び方とは?フォークとスプーンは子どもの口に入れるものですから素材選びも大切です。いろいろな素材のものが販売されていますが、何を選んだら良いのでしょうか?シリコンやプラスチック(ポリプロピレン)、または木製素材のものがおススメです。シリコンは、柔らかいので子どもの口に入っても口当たりが良いので怪我の心配がありません。また、熱を通しても使用することができるので、熱湯消...

子どもが好きな食材「トマト」の料理方法男女ともに子どもの好きな食材第1位を獲得したのは「トマト」です。トマト独特の甘味が果物のようなことが人気の理由です。トマトをそのままサラダとして食べたり、ジュースとして飲むなら、独特の甘さを楽しむことができるでしょう。またトマトスープやトマトソースのパスタなどもトマトの素材を活かすことができます。また最近話題のトマト餃子もおススメです。いつもの餃子に1p角くら...

幼児食資格とは?ここ最近「食育」という言葉が改めて見直されるようになり、子どもの食事の大切さも再認識されています。特に幼児期、つまり成長期である子どもは、お母さんが用意した食事を元に身体が作られていくため、幼児食にはとても重要な役割があります、それには目に見える体の成長をはじめとし、脳、骨、歯などの発達が食事に左右されます。また幼児期の食生活は、生涯の食生活習慣にも影響を及ぼします。それには生活の...

キャラ弁作りに欠かせない「海苔」の切り方のコツとは?子どもが見ても食べても楽しめるキャラ弁を子どもの喜ぶ顔のために作りたい!と思っても、作るのが難しそう・・と抵抗を感じているママさんもいることでしょう。しかしコツさえ覚えてしまえば簡単に、そして楽しく作ることができます。ではキャラ弁に欠かせない海苔はどのように切ることができるでしょうか?袋から出したばかりの海苔は割れてしまい切りにくいので、使う少し...