子どもが喜ぶ幼児食の基礎知識

食事の基本

一汁三菜を意識して、ごはんと汁物、おかずを主菜と副菜2品の合計3品を用意したいものです。

 

味付けについて

乳幼児期は腎臓機能や消化器官が未熟なので、大人と同じ味付けは濃すぎます。

 

食事の基礎となる大事な時期

子どもの好きな物ばかりを与えるのではなく、たくさんの食材を使用して可能な限りバランスの良い食生活ができるように心掛けたいものです。

 

 

子どもが喜びながら食事を食べてくれるために育児中、どんなことを工夫すれば良いのでしょうか?工夫次第で子どもが食に興味を持ち、自発的に食べてくれるようになります。

 

まず、食事の基本、一汁三菜を意識します。子育て中に子どもの咀嚼力を鍛えて栄養バランスを考えたメニューにするためには、食卓に並んだ皿の数が大切です。

 

昔からの日本食生活である一汁三菜を意識して、ごはんと汁物、おかずを主菜と副菜2品の合計3品を用意したいものです。ご飯粒や魚や肉は歯ごたえがあるので、誤嚥を防ぐために奥歯で噛むことを覚えていきます。

 

また、汁物を飲めるようにするには口腔機能の発達に繋がります。なぜなら、汁物を飲む時、訓練されていないとむせてしまいますが、補助しながら飲ませていくうちに、口をすぼめて量を調整して飲めるようになるからです。海藻や野菜などは、パリパリ・コリコリとした食感などを味わっていくことにより、聴覚も刺激できるのです。

 

このようにお皿を分けることによって食感の違いを楽しみ、咀嚼力もついていくのです。味付けについては、乳幼児期は腎臓機能や消化器官が未熟なので、大人と同じ味付けは濃すぎます。また、味覚異常になることを避けるため、薄味にして刺激の強いスパイスを使用した料理は避けるようにします。

 

 

カレー等は、子ども用のものを使用し、1,2歳位は味付けは大人の半分の濃さぐらいが良いでしょう。子どもが喜ぶ幼児食としては、料理は食材の色を使ってカラフルな彩りを意識して手作りすれば子どもが興味を示しますし、栄養バランスも自然と整っていきます。また、切り方や盛り付けを工夫することもできます。

 

しかし、子どもが喜ぶからといって甘い物などを子どもの欲求に任せて与え過ぎるのは気を付けます。食事の基礎となる大事な時期でもあるますから、子どもの好きな物ばかりを与えるのではなく、たくさんの食材を使用して可能な限りバランスの良い食生活ができるように心掛けたいものです。

 

食事が楽しくなる幼児食の作り方

 

幼児食とは

子どもの成長に合わせて食事のみで栄養が取れるように調理する食事のことを言います。

 

幼児食を食べる頃の子ども

食物繊維やカルシウム、鉄が不足しやすいものです。カルシウムが不足すると骨が弱くなりイライラしやすくなったりします。

 

健康的な食生活を身に着ける大事なステップ

幼児食は、健康的な食生活を身に着ける大事なステップなので育児中にチャレンジしてみましょう。

 

幼児食とはまず、離乳食・母乳やミルクという食事だったものが、子どもの成長に合わせて食事のみで栄養が取れるように調理する食事のことを言います。

 

離乳食は、初期〜完了期がありますが、生後12〜18か月頃の完了期が終わったからといって大人と同じ食事ができるというわけではなりません。完了期が終了したら、幼児食に進みます。離乳食から幼児食に移行する時期は、子どもが食べられる食材が増えます。

 

また、食事の時間が大人と同じになってきますので、お母さんが食事をする時に「美味しい!」と笑顔で食べていると、子どもも食事に興味を持ちますので、子どもが食事が楽しいものと教えることができます。季節に合った食事を取り入れたり、スーパーマーケットで一緒に食材を選んだり、家族で食卓を楽しく囲むことによって食事が楽しいものだと教えられるのです。

 

スプーンやフォークなども少しずつうまく使えるようになる時期なので、食材の切り方や大きさを変化させたり、ごはんを一口サイズの手作りオニギリにするなどして、食事が楽しくなる幼児食を作ることができますし、子どもが自分で食事ができるようにしていくこともできます。

 

幼児食を食べる頃の子どもは、食物繊維やカルシウム、鉄が不足しやすいものです。カルシウムが不足すると骨が弱くなりイライラしやすくなったりします。

 

鉄は不足すると思考力の低下や貧血、疲れやすくなります。幼児食では離乳食とは違って水分が少ない食事になるので、食物繊維を取り入れて便秘を予防します。

 

子育て中のおススメのレシピの1つは野菜スープです。人参、玉ねぎ、キャベツ、ジャガイモ、トマトといった野菜を7o角に切っていきます。鍋に野菜スープを入れて火にかけます。その中に切った野菜を加えて煮ていきます。最後に、塩を入れて味を調整します。

 

また、五目御飯もおススメです。人参、えのき、インゲンを粗みじん切りにして、ひじきを水に戻します。鍋に出し汁、醤油、砂糖、鶏ひき肉を入れて煮立てます。それから野菜とひじきを入れて水分を飛ばします。最後に、柔らかめのご飯の上に盛り付けます。

 

幼児食は、健康的な食生活を身に着ける大事なステップなので育児中にチャレンジしてみましょう。

 

食費節約するための幼児食知識活用術

 

家族が子どもを含めて3人以上の食費の節約する方法には、どんなことが挙げられるでしょうか?まず、現在の食費を把握することです。

 

そして、現在の食費から少し減らした金額を目標に設定してみます。幼児食の子どもがいる家庭であれば、3人で1ヶ月30,000円位などに設定します。そして1ヶ月分の食費を1週間ずつの金額にします。

 

子どもさんが小さい家庭であれば、1ヶ月の食費を30,000円とします。そこからお米代3,000円、外食費10,000円を差し引きますと、17,000円になります。それを4週で分けて4,250円になるので、その金額内で食費を管理できるようにチャレンジしてみます。

 

最初にまず1週間の献立を考えてみます。そしてその分だけ食料を購入するようにします。そうするとお金だけでなく、スーパーにいる時間も節約できます。今日は何のご飯にしようか、とスーパー内を歩き回ることなく、決まった食材を目指して行くので時間も短縮できるのです。

 

また、スーパーの特売日というものがあります。それで、自分がよく使用する食材が特売であれば、その日にまとめて購入すると節約できます。

 

冷凍保存できる食材であれば、1ヶ月位で使用するならまとめて買っておいても問題はありません。そして、できれば幼児食を含めて手作りで作ることです。子育て中はレトルトは簡単で助かりますが、結構な金額になることもあり、双子ならばなおさらかかります。

 

しかし、安い材料で手作りで調理すればかなり節約できるのです。そして、幼児食と大人が食べるものを別々にいつも作らなければならないわけではありません。幼児食は薄口にしますが、大人用は味付けを後で濃くしたり工夫できます。

 

また、宅配サービスやネットスーパーなどを利用したことがあるでしょうか?子どもさんと一緒に買い物に行くと、お菓子をねだられることもあるかもしれません。しかし、宅配サービスやネットスーパーで注文しておけばその心配もありません。

 

このようなこと以外でも、オリジナルの食費節約するため幼児食知識活用術を目指してみるのはいかがでしょうか?

 

子どもの食事に関わる資格の選び方

 

子どもの食事は、子どもの成長に大きな影響をもたらします。中でも幼児期の幼児食の安全が注目されており、それに関連した資格の種類が増えてきました。

 

しかし、子どもの食事に関わる資格の選び方のポイントとしてあげらるのは、資格の取得目的は何か、を明確にすることです。そうすることによってどの資格が自分に合っているのか、おのずと分かってきます。

 

そうでないと、資格を取得した後に「苦労して取得したけど意味がなかった」と後悔することになるかもしれません。

 

ですから、インターネットなどを利用して事前に講座の特徴をよく調べてから選びましょう。子どもの食事の「食」と考えると栄養士といった資格が思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では民間資格でも専門的な知識を学べて習得することができるようになり、民間資格が人気が出てきているのです。

 

子どもを持っている母親であれば、子育て中の子どもさんの成長に役立つ資格になりますから育児にすぐ役立つ資格になります。

 

子どもの危険な添加物や食生活の乱れや安全性が問題視されている中で、食育を学ぶことで安全な食品の選び方や栄養を考えたレシピ、免疫力を高めてくれる食事法などを身に着けることができるのです。

 

また、資格を取得した後、自宅で活かすだけでなく、講師活動の仕事ができたりと仕事に役立つものもあるので、一石二鳥になります。

 

「食育基本法」や「食育推進事業」の制定という国を挙げた展開も活発になってきているので、これからの活躍の場も増えていくと思われます。

 

例えば、ベビーフードインストラクターの資格は、子どもの成長に合わせた食事に関する知識を持ち、エネルギーとなるもの(黄色)、身体をつくるもの(赤色)、身体の調子を整えるもの(緑色)といった、三色の栄養素がバランス良く含まれているメニューによって幼児の体質、体格、運動量によって食事量を考えていくことができます。

 

そして、資格を取得した後は、自宅やカルチャースクール等で講師として活動することができるのです。

 

子どもの食事は、子どもの成長に大きな影響をもたらします。中でも幼児期の幼児食の安全が注目されており、それに関連した資格の種類が増えてきました。

要点を紹介するキャラクター

 

育児に生かせる食事系資格ランキング

育児に生かせる食事系の資格ランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

幼児食マイスターの特徴

第一位は、幼児食マイスターの資格です。

「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催する資格です。
「幼児食マイスター」は、子どもの成長に合わせた栄養バランスを考えて手作り献立の知識や離乳食から幼児食に変える時期、そして幼児食向きな食材か、そうではないかなど幼児食に関わる知識を有する人に対して与えられる資格になります。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
幼児食マイスターの総評
  • 脳や神経細胞の成長に合わせた手作りの食事
  • 骨や筋肉を成長させる食事
  • 幼児食に関わる知識
公式サイトへ

 

画像名を入力

ベビーフードインストラクターの特徴

第二位は、ベビーフードインストラクターの資格す。

「ベビーフードインストラクター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催する資格です。
「ベビーフードインストラクター」は、子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、春夏秋冬の献立、キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立を考えて、食事を作ることができる人に与えられる資格になります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ベビーフードインストラクターの総評
  • 子供の成長に合わせた食事に関する知識
  • 春夏秋冬の献立
  • キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立
公式サイトへ
第一位:幼児食マイスター

第一位は、幼児食マイスターの資格です。(https://www.designlearn.co.jp/youjisyoku/)
「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催する資格です。

 

「幼児食マイスター」は、子どもの成長に合わせた栄養バランスを考えて手作り献立の知識や離乳食から幼児食に変える時期、そして幼児食向きな食材か、そうではないかなど幼児食に関わる知識を有する人に対して与えられる資格になります。

 

諒設計アーキテクトラーニング」は、幼児食マイスターW資格取得講座を実施しています。「諒設計アーキテクトラーニング」のスペシャル講座では添削課題をすべてクリアした後、卒業課題を提出することと試験免除で「幼児食マイスター」と、「ベビーフードインストラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定されるのです。

 

第二位:ベビーフードインストラクター

第二位は、ベビーフードインストラクターの資格です。(https://www.saraschool.net/infant_food/)
「ベビーフードインストラクター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催する資格です。

 

「ベビーフードインストラクター」は、子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、春夏秋冬の献立、キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立を考えて、食事を作ることができる人に与えられる資格になります。

 

身体をつくるもの(赤色)、エネルギーとなるもの(黄色)、身体の調子を整えるもの(緑色)の三色の栄養素がバランスよく含まれている献立によって、幼児の体格や体質、運動量により食事量を考えることができるのです。

 

資格を取得した後は、自宅やカルチャースクール等で講師として活動することができます。通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、幼児食基本コース、幼児食プラチナコースの2つのコースが準備されており、プラチナコースを受講した人は卒業時に試験免除で資格が認定されるため、2つの資格を確実に取得することができます。

 

SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。

 

わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。

 

一番おすすめなのは「幼児食資格」

一番オススメな資格である「幼児食マイスター」
子どもの成長に合わせた手作りの食事
子育て中のお母さんから特に高い評価

一番オススメな資格である「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格です。

 

子どもの身体づくりを理解して脳や神経細胞の成長に合わせた手作りの食事、骨や筋肉を成長させる食事を意識して最適な環境を作ることが大切になってきています。

 

そして、子どもの身体の作りを理解し、脳や神経細胞の成長に合わせた食事や、骨や筋肉を成長させる食事を意識し、最適な環境を作ることが大切です。

 

この資格によって、皮膚に表れる蕁麻疹や赤み、かゆみなどの症状を起こすアナフィラキシー症状の予防や対策を身につけたり、適切な対処することができ、子どもの手づかみ食べ、遊び食べを克服するためのしつけができるようになります。

 

幼児食マイスターの資格は、子育て中のお母さんが育児中の子どもさんのために取得した人から特に高い評価を得ています。

 

ほとんどの人が取得して良かったと感じているのが特徴になっており、その後の仕事として活用されている人もいます。幼児食マイスターの資格を活用することによって、なり手が少ない幼児食の解説や説明をする仕事にも就くことができますから、子供好きでそれを活かした仕事をしたい人にオススメな資格です。

 

幼児食マイスターの受験料は10,000円で、申し込みは公式ホームページから申し込めます。試験は2ヶ月に一度の頻度で実施されており、申し込みをすると郵送で試験用紙が届きます。在宅受験になり、答案用紙を期限内で返送すれば試験は終了になります。合否の通知は返送期日から約1か月後になります。

 

そして、「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれており、幼児食マイスターW資格取得講座、幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座は、幼児に必要な栄養や理想的な食事、子供の成長に合わせた食事に関する知識、レシピを学べて資格も取得できる講座になります。初心者でも問題なく進められるカリキュラムを採用しています。ですから、誰でも安心して受講することができます。

 

スペシャル講座では添削課題をすべてクリアしたトラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定されるので、すぐにでも資格を取得したい人や、確実に資格を取得したい人にオススメです。

 

幼児食資格の幼児食マイスター

 

まとめ

子どもは、手作りなど工夫次第で子どもが食に興味を持ち、自発的に食べてくれるようになります。

 

子どもの頃は、食事の基礎となる大事な時期でもあるますから、子どもの好きな物ばかりを与えるのではなく、たくさんの食材を使用して可能な限りバランスの良い食生活ができるように心掛けたいものです。

 

近年、幼児期の幼児食の安全が注目されており、それに関連した資格の種類が増えてきました。

 

そんな中でも一番オススメな資格は、「幼児食マイスター」です。この資格によって、皮膚に表れる蕁麻疹や赤み、かゆみなどの症状を起こすアナフィラキシー症状の予防や対策を身につけたり、適切な対処することができ、子どもの手づかみ食べ、遊び食べを克服するためのしつけができるようになります。

 

幼児食マイスターの資格は、子育て中のお母さんが育児中の子どもさんのために取得した人から特に高い評価を得ています。

 

また、「ベビーフードインストラクター」の資格は、子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、春夏秋冬の献立、キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立を考えて、食事を作ることができる人に与えられる資格になります。

 

これらの資格を取得して、子育てや仕事に役立ててみるのはいかがでしょうか?

更新履歴